再犯してたのか…呆れて愛想がつきればどんなに楽かと思うのに、まだ妻を愛しているし別れたくない。産まれくる子が、自分の子かもしれないわずかな望みをたよりにして。