海未「・・・・・そうなんです」